omoshiroso_pc.png
基本クラスでテーブルに座って笑顔の女の子

... to feel happy!

面白味をワクワクに変換

​面白創 Design Office 代表 ヒロセタクヤ

面白創 Design Officeは『面白い』『ワクワクする』という感情をデザインしたいと考えています。

 

商品を購入されたお客様が「買って良かった」と実感できる商品パッケージや、営業をするのが「楽しい」と思える販促ツールなど、弊社が制作するデザインツールと活用される方とが一体となって価値や成果を実感できるモノづくりをポリシーとしております。

弊社の強みは人や商品のもつ『面白味』を引き出し、それを『ワクワク』に変換させること。

お打ち合わせの時間が、ついつい超過してしまう傾向があるのも特徴です。

商品について熱く語ってくださったり、全く関係のない雑談で盛り上がったりと、楽しい打ち合わせの時間を共有させて頂いております。

『面白いコト』『ワクワクするコト』を追求できる環境を与えてくださる依頼主様に日々感謝し、今後も邁進してまいります。

​□基本情報

 ・屋 号    面白創(おもしろそう)
 ・代 表    ヒロセ タクヤ

  就労継続支援B型事業所

  デザインファクトリー責任者
 ・創設日    2017年4月16日
 ・資本金    100万円

□業 務 内 容

 ・商品企画

 ・販促企画の立案

 ・ブランディング

 (ロゴマーク,キャラクター,営業ツール) 
 ・販促ツール制作

 (WEB,チラシ,ポスター,冊子,ノベルティ)

 ・看板,サインデザインおよび制作
 ・インテリアコーディネート

​ ・商標登録代行

□主な取引先

 ・医療法人真心会

 ・株式会社ライフケアサポート

 ・よつば医療福祉総合研究所

 ・滋賀県産科婦人科医会

 ・国立大学法人滋賀医科大学

 ・びわ湖学院大学

​ ・滋賀県

 ・だいこく税理士事務所

 ・ミナト経営株式会社

 ・ラグスタ株式会社

Graphic%20Design%20Workspace_edited.jpg

Design Division

人や商品のもつ『面白味』を引き出し、それを『ワクワク』に変換させるのが弊社のデザインです。

お客様の取り扱うサービスや商品には、絶対的に差別化できる専門性が隠れています。

その専門性をいかに分かりやすく、手に取りやすく、実感できるように伝えていくか。

​その答えを依頼主様と共に考え、共に創り上げていくのが弊社のスタイルです。

Coffee Division

就労継続支援B型事業所にて障害を持たれた方々が真心を込めて作っている珈琲関連の商品を自社ブランド化(sundayriders coffee shop "PREMIUM")、草津市内で販売しています。

また、売り上げの一部を彼らの給与としてお支払いし、彼らが目標としている「自立」を応援してます。​弊社の活動をご理解してくださっている住民の方に感謝申し上げます。

 Coaching

就労継続支援B型事業所にて、障害をお持ちの利用者さんにデザインの指導・講師を行っています。

デザインの基礎や捉え方、イメージの膨らませ方などを学んで頂き、自身のイメージしたものを描くトレーニングをしています。

​障害はあれど潜在的に持っている感性や技術、能力を発揮され、すばらしい作品が多く生み出されています。

何故デザインが必要?

障害をお持ちの方に「デザインは何のためにあるんですか?」と質問を受けたことがあります。

私は「人に喜んでもらうために必要なんだよ。」と伝えました。

お手伝いをした時、お得なことを教えてあげた時、きっと相手の方は笑顔でこう言ったはずです。『ありがとう!』デザインの必要性はここにあると私は考えています。

私たちの周りにあるものはこの「誰かに喜んでもらいため」から派生していると思います。

私がデザインを考えるとき一番大切にしているのは、最終的にデザインに触れる方の感情です。

その方が、デザインをどう理解し、どのような感情を持たれるかを考えデザインを作ります。

10人いれば10通りの解釈があるように、10人すべての方に100点満点をいただけることは非常に難しいですが、弊社は10人すべての方が少しでもハッピーになれるようなデザインを追求しています。

ご依頼・お問い合わせフォーム

お問い合わせ頂きありがとうございました。